超硬ディスペンサーノズル(先端穴Φ0.1)

超硬ディスペンサーノズル(先端穴Φ0.1)
用途 吐出ノズル
材質 超硬
サイズ Φ1.2×φ4×φ8、先端穴Φ0.1
精度 ±0.005mm

製品詳細

このディスペンサーノズルは超硬の丸棒から円筒研削・型彫放電で製作したものです。先端穴Φ0.1に向かって型彫放電加工機にてテーパー形状になるよう加工されております。ディスペンサーノズルでは液体の流れを良くするために先端穴に向けてテーパー形状に仕上げることはよくありますが、この超硬ディスペンサーノズルに関しては、ストレート部を設けないテーパーのみの形状でΦ0.1を作っています。型彫り放電加工機の電極を少しでも深く入れると先端穴の大きさが変わってしまいますので、非常に高い技術が求められる製品となっています。特注精密ノズル加工.COMは、他社ではなかなか実現できないような高難易度のノズルでも各種研削・放電加工の技術を活用して対応いたします。ディスペンサーノズルでお困りなら当社にお気軽にご相談ください。

ディスペンサーノズル・塗布ノズル 加工事例

ディスペンサーノズル・塗布ノズル 加工事例一覧へ戻る