超硬吸着ノズル(先端0.8×0.8四角錐形状)

超硬吸着ノズル(先端0.8×0.8四角錐形状)
用途 吸着ノズル
材質 超硬
サイズ φ2.5×φ6.0、先端部0.8×0.8mmの角錐
精度 ±0.005mm

製品詳細

この超硬製の吸着ノズルは、電子部品やICチップを吸着してピックアップし、リードフレーム上に搬送および共晶接合する用途で使用する部品です。ノズルの先端部は0.8×0.8mmの角錐4面型、ノズル穴は裏面からφ1.0mmの吸着穴が深さ12mmで空いており、先端部のφ0.3mm×深さ2mmの穴に貫通している、というノズルとなっています。超硬という非常に硬い材質に対して、細く深い穴を空けようとすると専用設備が必要になりますが、特注精密ノズル加工.COMを運営する㈱キンコーでは高精度加工が可能な細穴放電加工機を保有し、かつ超硬加工に対する細穴加工のノウハウを保有しているので、このような超硬ノズルの加工も可能です。また四角錐の吸着面に鏡面ラップ仕上げを施していますので、微細なチップも確実に吸着することが可能です。