三角形

Q コストダウンを優先に、強度も安定させたいです

A. 用途によって、材質の選定が重要になります。

ワークが大きいかつ加工が複雑な場合には先端の消耗部分のみ超硬にし、残り部分をSUSでロウ付け・焼き嵌めをすることでコストダウンと強度のバランスが良いです。一方で形状にもよりますが、ワークが小さいかつ加工が単純な場合にはオール超硬の方がコストダウンと強度のバランスが良いです