Q ノズルの先端が摩耗して困っています。いい提案はありますか?

A. はい、先端部のみ超硬とすることで、耐摩耗性を向上させつつ、コストを抑えることができます。

ステンレスノズルを採用されているユーザー様は、ノズルの摩耗により交換頻度が高く困っていることが多く、どうにか対策はできないか?とよくお問い合わせ頂きます。 特注精密ノズル加工.COMを運営するキンコーでは、このようなご要望にお応えするために、ノズルの耐摩耗性を向上させるために、ノズルの先端部分を変えることはよく行っております。例を挙げると先端部分の耐摩耗性の向上のために超硬を採用し、他の部分はステンレスを採用したりします。こうすることで、オール超硬でノズルを作成するよりはコストを削減することが可能な上、オール超硬と比べても耐久性は先端部分は変わりません。先端部分のみ耐久性を求める場合は、このような対応をすることはよくあります。ノズルのコストダウンをお求めの方はお気軽に声を掛けて頂ければ誠心誠意対応させて頂きます。