吸着ノズルとは

吸着ノズルとは、半導体の製造時にICチップなどを吸着しピックアップしてリードフレーム上に搬送・ボンディングを行う、あるいは電子部品の場合はプリント基板上に実装をするために使用する部品になります。

 

 

製作する上での注意点としては、微細なチップを確実に吸着できるよう、吸着面を鏡面ラップ仕上げを施し均一にすることが必要です。これを確実に行うためには、高精度切削加工や精密放電加工の技術スキルと鏡面ラップ仕上げの職人技が必要になります。また吸着面には溝加工を施す場合があるため、最小溝幅0.05mmの実績があります。

 

特注精密ノズル加工.COMを運営する㈱キンコーでは、長年培った精密加工技術により角錐2面型・角錐4面型・フラット型・先端円錐型・垂直2面型・垂直4面型・その他特殊形状型など様々なサイズ・形状にて製作対応いたします。