塗布ノズル(ディスペンサーノズル)に対する設計提案事例

特注精密ノズル加工.COMを運営する㈱キンコーでは、塗布ノズル(ディスペンサーノズル)などの加工を行うことはもちろんですが、加工限界に合わせて、お客様の要求スペックを満足させながら設計的な形状変更提案も行っています。

 

あるお客様から先端穴径φ0.05mmの超硬製の塗布ノズル(ディスペンサーノズル)の製造依頼を頂きました。その図面を拝見すると、φ0.05mmの穴を深さ1.0mmで空けなければならない設計となっていました。超硬に対するφ0.05mmの細穴加工を行う場合には細穴放電加工機を用いますが、加工できる深さは最大で直径に対し10倍までとなるため、お客様から提示された深さ1.0mmは極めて加工難易度が高くなります。

 

そこで特注精密ノズル加工.COMでは、お客様が想定する塗布ノズル(ディスペンサーノズル)のスペックを満足させるための流体が入る角度と深さを加味した上で、先端穴径φ0.05±0.005mmが実現できるように、ノズルの裏から逃がし加工をご提案し、ご了解を頂きました。

 

特注精密ノズル加工.COMを運営する㈱キンコーでは、裏から逃がしを入れる様々な加工ノウハウを持っているので、お客様のスペックを満足させつつコストダウンが実現できる形状をご提案することが可能です。塗布ノズル(ディスペンサーノズル)の設計・製造でお困りなら当社に図面などと共にご相談ください。