ディスペンサーノズル(塗布ノズル)とは

ディスペンサーノズル(塗布ノズル)とは、液体を精密に塗布するディスペンス装置に取り付ける部品になります。塗布する液体は、腐蝕性の高いもの、摩耗するもの、高粘度のものなど様々な種類があるので、ディスペンサーノズル(塗布ノズル)についてもその液体の特性に応じて材質が使い分けられます。

 

たとえば、スマートフォンやパソコンに内蔵されている精密な電子部品を固定するために接着材を定量塗布するためのディスペンサーノズルや、3Dプリンタ用のディスペンサーノズルに加え、人間の細胞を噴射して3D形状に噴射するためのノズルや、医療機器で検体を扱うためのノズルなど、様々なディスペンサーノズルがあります。

 

これらのディスペンサーノズルにおいて共通して求められる機能は「定量吐出」にあります。

 

この定量吐出を実現するためには、吐出する先端穴と内部形状がずれる事なく滑らかに繋げる高精度な加工技術が必要となります。例えば下記の写真のような形状です。

 

 

特注精密ノズル加工.COMを運営する㈱キンコーでは、こうしたディスペンサーノズルに求められる加工技術と設備を有し、また職人による鏡面ラップ仕上げを融合させることにより、高精密な定量吐出が可能です。ディスペンサーノズルをお使いで、塗布量にばらつきがあるなどでお困りでしたら、特注精密ノズル加工.COMにご相談ください。